CX-7000

 

特長

  • CX-330の高機能を継承する後継機です。コンパクトになり、さらに低価格を実現。PCとプリンタがUSB1本で接続可能です。IC R/Wを本体内部に内蔵可能。※オプション
    ラミネータと組み合わせることにより、耐久性の高いカードを作成可能です。
  • ドライバーとステータスモニターを標準添付。ステータスモニターによりプリンタの動作状態や設定状態をリアルタイムで確認が可能。
  • CX-7000カードプリンタは、中間転写フィルムに反転画像をプリントした後、熱ローラでカード上に再転写する昇華印画再転写方式を採用しており、カード表面にICチップの凹凸の出る、非接触ICカードにもカスレなしで印刷が可能。
  • オプションのICエンコーダを取り付けることにより、印刷と同時にICエンコードが可能。これにより従来手差しで行われたICエンコードの取り違いミスがなくなり、作業時間の大幅低減と信頼性向上が可能。
  • 簡単な操作性、専用タグ付きインクリボンの採用。
  • セキュリティ機能。
  • 場所をとらない小スペース設計。
  • 高速データ転送の実現。

性能・仕様・詳細

  • 印字方式     昇華印画再転写方式
  • 解像度      300dpi
  • 印字速度     片面 約36秒(エンコードならびにデータ転送時間は含まない)
  • 印字エリア    85.6mm x 54.0mm(JISカード全面)
  • カード容量    インプット:100枚(0.76mm厚)/アウトプット:100枚(0.76mm厚) ※カードにより例外があります
  • インターフェイス USB 2.0(Hi-Speed)
  • 筐体サイズ    343mm(W)×322mm(D)×335mm(H)(スタッカを除く)
  • 重量       約15.5kg以下(両面印刷モデル、MG・ICオプション搭載時)
  • 消費電流     最大3.5A(100~120V)
  • オプション    非接触ICエンコードユニット(FeliCa,Mifare他)、接触ICエンコードユニット、磁気エンコーダ(JISⅡ型)、ラミネータユニット(CF-L700-2)

 カタログは こちら です。