CardCreator for Windows(CCW)

「CardCreator for Windows」は20数年の実績を基にお客様からのアイデアや要望を受けて機能を拡充した、シンプル操作で高速発行を実現する信頼性の高いカード編集・発行ソフトです。

  • SIPで販売している全てのカードプリンタでご使用いただけます。(対応しているオプション等により使用できる機能が異なります。)
  • 現在ご使用のお客様の買い換え時に、操作手順など変更のない「互換版」と新機能搭載の「標準版」をご用意しております。
  • 複数クライアントから同時にアクセスしてカード発行することができます。(4クライアントまで)

  • カードデザインを作成とデータベース設計を同時に設定します。
  • 番号、氏名、発行回数等の印刷・非印刷の可変フィールドを最大50項目設定することができます。
  • 長体機能(正体だと入りきらない文字数の場合、自動的に文字幅を縮めて表示)。
  • 自動インクリメント機能(発行回数等カード発行時に自動的に1増加する機能)。
  • 各種バーコードの設定が可能です。
  • 磁気エンコード(JISⅡ型)のフォーマットを設定をすることができます。
  • ラミネータ使用等でカード排出向きの設定が可能です。

  • クライアント版、サーバー版データベースソフトの2種類を用意しております。これにより小規模のオフラインでの使用も、大規模なデータベースの構築も可能となりました。
  • データベースに読み込むデータと顔写真データを取り込でカード発行をおこなうと、カードデザインを自動選択し、ICの自動書き込み、磁気の自動書き込み、両面プリントをおこなうため、作業者がIC設定等のご理解がなくてもプリント及びエンコード済みがカードが出来上がります。(事前にICエンコードフォーマット設定、磁気エンコードフォーマット設定、マルチレイアウト設定が必要です。)
  • データと写真画像のインポート、エクスポートが可能です。
  • 1つのDBで複数のレイアウトをプリントすることが可能です。(マルチレイアウト機能)
  • 検索等で選択したレコードの連続カード発行、単体カード発行が可能です。
  • 磁気エンコード、ICエンコードのみをおこなうことが可能です。
  • 編集したくないフィールドをグレー表示にするマスク設定が可能です。
  • 画像の取り込みは、スキャナ、TWAIN、ファイル、カメラ(オプション)から選択できます。
  • レコードごとに予め入力した候補をプルダウンで選択できる(候補テーブル機能)
  • 顔写真の角丸設定が可能。

  • カード発行データの保存先(Home位置)をローカル、共有フォルダ等指定できます。(パスの文字数制限があります。)
  • カード発行データの保存先(Home位置)を複数個所に分けて運用することもできます。

  • FeliCa、Mifare等のICエンコードフォーマット設定をおこなうことができます。
  • カード発行時にレコードの指定フィールドへIDmやUIDを自動取得して保存します。
  • UIDはご希望の形式で保存できます。(一部カスタマイズが必要になる場合があります)

    • 自動バックアップ
    • 自動インポート、エクスポート
    • 接触式ICエンコード
    • PCからシャッター制御をおこなうデジタルカメラからの画像取り込み
    • 写真台紙印刷機能
    • 可変画像4つ対応
    • Unicode対応、他

 

その他、各種カスタマイズを承ります。